英語学習|ユーチューブ等には…

英語を習得するためには、とにもかくにも「英文が読める為の文法」(いわば受験的な文法問題を解くための暗記中心の勉強と分けて考えています。)と「最低限の基本語彙」を修得する学習時間が絶対に外せません。
言うまでもなく、英語の勉強という点では、ディクショナリーそのものを効果的に用いるということは、ことのほか重要なことですが、学習度合いによっては、初期のレベルでは辞書を活用しない方がベターです。
英語を読みこなす訓練と単語の記憶、その両者の学習を一度にやるような半端なことはせずに、単語ならまったく単語だけをまとめて暗記してしまうのがよい。
そもそも直訳はやめることにして、欧米人の表現方法を盗む。日本人の思考回路でなんとなく文章を作らないようにすること。おなじみの表現であればある程、そのまま英語に変換したとしても、英語とは程遠いものになります。
ふつう英語には、独自の音の関連というものが存在するということを知っていますか?この事例を着実に理解していないと、凄い時間を掛けてリスニングを多くこなしても、会話を聞き取ることが不可能なのです。

私の経験上、英語を読みこなすトレーニングを多く敢行して英語の表現をストックしてきたから、その他の3技能(リスニング・ライティング・スピーキング)は、別個に適当と思われる参考図書を2、3冊こなすだけで足りた。
こんな内容だったという言いまわし自体は、記憶に残っていて、そういうフレーズをたびたび聞くようになると、漠然とした感じが少しずつくっきりとしたものになってくる。
よく言われることは、英会話にとってリスニングできる事と話すことができるという事は、決められたシーンに限定されたものではなく、例外なく全ての意味をフォローできるものであることが最低限必要である。
英語に馴れっこになってきたら、教科書通りに日本語に置き換えようとはしないで、あくまでもイメージで把握するように、努力してみてください。慣れてくると、英語を読むのも話すのも、把握するスピードが随分スピードアップできます。
多彩な機能別、多彩なシチュエーション等のテーマに合わせた対談形式により英語での対話能力を、現実の英語ニュースや流行の歌など、多彩なネタを使って、ヒアリング能力を手に入れます。

それらしくスピーキングするためのコツとしては、ゼロが3個で「thousand」と換算して、「000」の前にある数字をしっかりと発音するようにすることが大事なポイントです。
ユーチューブ等には、教育を目的として英語の指導者や組織、外国在住の人達などが、英語を学んでいる人用の英会話授業の役に立つ動画を、かなりの数見せてくれています。
日本語と英語の仕組みがこんなに違うとすると、現時点では諸国で有効な英語勉強法もちゃんと応用しないと、日本人用としては適していないようである。
人気の英会話カフェの特別な点は、英会話をするスクールと自由な会話を楽しめるカフェ部分が、一体になっている部分にあり、元より、カフェだけの利用という場合も入れます。
先人に近道(苦労せずにということではありません)を教授してもらうことが可能なら、スムーズに、うまく英会話の力量を上げることが可能ではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。

おすすめエントリー